ヘルプマークの配布について

更別村におけるヘルプマーク等の配布について

 更別村では、平成25年に成立した障害者差別解消法の趣旨を踏まえ、外見からは配慮を必要としていることが分かりにくい方の意思表示を支援するため、ヘルプマーク及びヘルプカード(以下「ヘルプマーク等」という。)を活用した取組を推進し、村民による障がいのある方等への合理的な配慮が的確に行えるような環境づくりを推進します。

ヘルプマークとはどのようなものですか?

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう作成したマークです。
このマークを付けている方を見かけたときには、困っているようであれば、声をかけるなど思いやりのある行動にご協力をお願いします。

どのような方が対象ですか?

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方です。

どのように使うのですか?

 かばんに付けるなど見えやすい場所に付けます。

ヘルプマーク

 ヘルプマークは保健福祉課でお渡ししますので、必要な方は当課へお越し下さい(現在注文中ですので、揃い次第お渡しします。)

ヘルプカードとはどのようなものですか?

 障がいがある人などの中には、自分から「困った」となかなか伝えられない人がいます。ヘルプカードはそうした障がいのある方が困ったときに助けを求めるためのものです。「手助けが必要な人」と「手助けできる人」を結ぶカードです。

どのような方が対象ですか?

 まわりから助けが必要なときにヘルプカードを使いたい方

ヘルプカード

 ヘルプカードは、下記のファイルをダウンロードしてご自身で両面印刷し活用することもできます。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課福祉係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111