認知症になっても、安心して生活できるまちづくり宣言(案)

 村では、平成30年1月1日『認知症になりにくいまちづくり宣言』を行い、認知症予防や早期発見・早期治療に取り組んできました。しかし、認知症は誰もがなる可能性がある病気で、認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活ができるまちづくりを目指す必要があることから宣言タイトルと一部内容を修正した宣言『認知症になっても安心して生活できるまちづくり宣言(案)』をするために準備を進めていきます。
 多方面からの意見聴取後、令和2年1月1日を目途に準備を進めていきます。宣言後、同ページに掲載いたしますのでよろしくお願いします。
このページの情報に関するお問い合わせ先
地域包括支援センター(福祉の里総合センター内)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111