平成28年度一村一エネ事業計画の公表

一村一エネ事業

 地域の特色を活かした省エネ・新エネを推進する取組で、市町村と企業、団体、NPO法人等の地域の多様な主体が協働・連携して取組む事業です。
 経済性、地域経済活性化等についても定量的・具体的な効果が見込まれます。

事業概要

事業名木質バイオマス資源の地域内活用による森林保全推進事業
事業実施コンソーシアム
(事業実施主体)
未利用バイオマス資源循環推進コンソーシアム
事業計画期間平成28年8月5日~平成28年11月30日

事業概要

 簡易宿泊施設及び事務所兼店舗への木質バイオマスボイラーを新たに導入し、暖房等の熱源として活用、地元林地から発生する林地残材を木質ペレット加工製造事業所に自社で持込み、委託により製造し、導入したボイラーの燃料として利用する。これらの循環の輪を作り地域で発生する未利用バイオマス資源を活用した再生可能エネルギーの地産地消を図る。

事業効果

 ペレットボイラーを本事業で整備したが、その性能や取扱性が予想以上であり、導入してよかったと実感している。今後、当初の目的通り地域住民をはじめ地域全体にPRすることで他の事業所などでの導入機運が高まり、木質バイオマス資源の活用促進の一助となることを期待したい。実際にペレットボイラー導入で管内関係者からの問い合わせがあり、改めてバイオマス資源の利用が促進される手ごたえを感じた。
 また、同様の設備導入が増えることで木質ペレットの需要が増加し、林産事業や関連産業の活性化が図られ、雇用の維持・拡大が期待できるとともに安定した燃料供給体制が構築されることで地域における再生エネルギー導入の促進が図られる。導入した施設がサイクリング観光拠点である簡易宿泊施設であり、十勝の豊かな自然環境や美しい景観を生かしたエコ・ツーリズムの魅力ある拠点として、更には近隣市町村と連携し同施設を核とした体験型観光ルートが増えることで交流人口の増加による観光振興が期待できる。

計画認定

補助事業状況報告

このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 企画政策課TEL:0155-52-2114FAX:0155-52-2812