更別村徘徊高齢者等家族支援事業

内容

 認知症による徘徊高齢者等を介護している家族等へ徘徊感知器を貸与し、所在不明になった場合に現在位置を把握し、早期発見と家族等が安心できる環境を整備します。

対象となる方

村内に在住する方。ただし、下記に該当する方は除きます。
  1. 認知症対応型共同生活介護のサービスを受けている者(介護保険法第8条19項)
  2. 特定施設入所者生活介護の居宅サービスを受けている者(介護保険法第8条第11項)
  3. 特定滞納者(村税の特定滞納者等に対する特例措置に関する条例)

利用料

 月額の基本利用料及び所在把握に要する費用は、利用者の負担となります。
 なお、徘徊感知器の初期費用(加入料金及び端末機付属備品購入費)及びバッテリー交換に係る費用は村の負担です。

手続き

 利用するには、保健福祉課での申請手続きが必要です。利用を希望される方は、保健福祉課にお問い合わせください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
地域包括支援センター(福祉の里総合センター内)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111