高額療養費

内容

 1人の人が、1ヶ月間(毎月1日~末日)に同じ医療機関に支払った自己負担額が計算式による算定基準額を超えたとき、その超えた額を申請により支給します。
 また、一つの世帯で、同じ月に21,000円以上の自己負担額が2回以上あり、合算した額が下記の額を超えたときも対象となります(世帯合算)。
ただし、全体の医療費が267,000円(上位所得者は500,000円)を超えると、その超えた分の1%が自己負担額に加算されます。

注:上位所得者 基礎控除後の所得が6,000,000円を超える世帯

算定基準額(自己負担限度額)

一般80,100円+(医療費-267,000円)×1%
上位所得者150,000円+(医療費-500,000円)×1%
村民税非課税世帯35,400円

年4回以上あった場合の自己負担額

 1年間に高額療養費の該当が4回以上あった場合、自己負担限度額が下記のとおり減額されます。
一般44,400円
上位所得者83,400円
村民税非課税世帯24,600円

特定疾病の受診による医療費の自己負担額療養費

血友病10,000円
人工透析が必要な慢性腎不全
抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群
申請書に医師の証明が必要になります。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課国保医療係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111