自立支援医療(精神通院)支給認定

内容

 統合失調症、精神作用物質による急性中毒または依存症、知的障害、精神病質、その他の精神疾患を有する方で、通院による精神医療を継続的に要する程度の症状のある方の通院医療費が軽減されます。

手続きに必要なもの

  • 自立支援医療(精神通院)支給認定申請書(保健福祉課にあります。)
  • 医師の診断書
  • 健康保険証の写し
  • 所得の状況が確認できる書類
  • 医療受給者証の写し(再認定の場合)

有効期限

申請書を受理した日から自立支援医療を受けることが必要な期間(1年以内)です。

更新申請

有効期限の3ヶ月前から手続きがきます。提出書類は新規申請時と同様です。

本人負担

 認定後は、通院治療の自己負担が原則1割になります。受給者の世帯の所得状況及び病状により、各月の負担上限額が定められます。

負担上限額と給付の関係

一定所得以下(市町村民税非課税)
所得区分の内容負担上限月額
生活保護世帯0円
本人収入が80万円以下2,500円
本人収入が80万円超5,000円
中間所得層
所得区分の内容負担上限金額
市町村民税3万3千円未満(所得割額)5,000円
市町村民税23万5千円未満(所得割額)10,000円
市町村民税23万5千円以上(所得割額)公費負担の対象外
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課福祉係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111