高額介護合算療養費

内容

 同じ世帯の被保険者が、1年間に支払った医療保険制度と介護保険の自己負担額の合計が限度額を超えたときは、その超えた額が後期高齢者医療制度及び介護保険から支給されます。

合算対象となる自己負担額の計算期間

 合算の対象となる自己負担額については、毎年8月1日から翌年の7月31日までの12ヶ月分で計算されます。

介護合算算定基準額(自己負担限度額)

区分国保+介護保険(70歳未満の方)
旧ただし書き所得901万円超212万円
旧ただし書き所得600万円超~901万円以下141万円
旧ただし書き所得210万円超~600万円以下67万円
旧ただし書き所得210万円以下60万円
住民税非課税世帯34万円
区分国保+介護保険(70歳~74歳までの方)後期高齢者医療+介護保険
現役並み所得者67万円67万円
一般所得者62万円56万円
住民税非課税世帯
区分ll
31万円31万円
住民税非課税世帯
区分l
19万円19万円
  • 70歳未満の方の医療費については、21,000円以上(1ヶ月)の自己負担額のものを対象とします。
  • 所得区分については、毎年7月31日に加入する医療保険の高額療養費の限度額区分を適用します。
  • 区分がわからない場合は、役場保健福祉課へお問合せ願います
  • 平成20年度より70歳から74歳の方の医療費一部負担金等の改正が行われる予定でありましたが、一部負担金等の軽減特例措置により改正前の額に据え置かれ75万円となっております。軽減特例措置が終了した場合は、83万円となります。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812