75歳以上の方の医療(後期高齢者医療制度)

被保険者となる方

・75歳以上の方(生活保護を受けている方を除く)
・一定以上を障害を有する65歳から75歳未満の方(任意加入)

加入手続き

1.75歳に到達した日に自動的に加入となります。
加入手続きは特に必要ありませんが、今まで加入していた保険者(国保、社保)に医療保険証等のご返却をお願いします。
2.一定以上の障害を有する方については、印鑑及び障がいの程度がわかる書類(注)をご持参頂き、障害認定申請をして頂きます。
注:障がいの程度がわかる書類
  • 障害年金証書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害保健福祉手帳など

診療を受けるときの負担割合

  • かかった費用の1割
  • 一定以上所得者(注2)は3割

自己負担限度額(月額)

 外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)
一般12,000円44,400円
一定以上所得者(注2)44,400円80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%(過去1年以内に高額医療費の支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円)
低所得者2(注3)8,000円24,600円
低所得者1(注4)8,000円15,000円
注2:一定以上所得者は、同一世帯に課税所得が145万円以上の後期高齢者医療被保険者がいる方。ただし、収入の合計が2人で520万円未満又は1人で383万円未満と申請した場合は「一般」区分と同様になります。
注3:低所得者2は、住民税非課税の世帯に属する人
注4:低所得者1は、住民税非課税の世帯で、各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円になる人
  • 低所得者1・2の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。窓口で申請して下さい。

後期高齢者医療保険料の算定方法について

 これまで、国民健康保険などでは、世帯主の方に賦課されていた保険料(保険税)が、後期高齢者医療制度では被保険者一人ひとりに賦課される事となります。
保険料は、基本的には北海道内均一で、「被保険者均等割額」と「所得割率」で構成され、北海道後期高齢者医療広域連合が設定し、2年ごとに見直しが行われます。
 均等割額所得割率
北海道均一保険料49,809円10.51%

計算方法

a 被保険者均等割額

b  所得割額 (所得から33万円を差し引いた金額×所得割率)

a+b 1年間の保険料額 (最高限度額57万円)

北海道後期高齢者医療広域連合

詳しくは北海道後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧下さい。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812