教育方針・教育目標

 更別村には、更別幼稚園と上更別幼稚園の2つ園がある。
 両園とも、1974年(昭和49年)に創立され、十勝管内の公立幼稚園の中では古い歴史を持った幼稚園である。この間、村民の幼児教育に関心の深い方々の熱意に支えられ、現在に至っている。
 園では一人一人の生まれ持った個性を大切にしながら、子供たちが生き生きと意欲的に取り組める適切な遊びを提供し、「心・からだ・考える力」の発育を促す教育を推進している。

教育方針

1.人格の基礎づくりをしっかりとしたい
 人間として基礎的に考えなければならないこと、身につけなければならないことをしっかりと教えていきたいと考えています。
2.よろこびのある生活を経験させたい
 教師と幼児との信頼関係を土台として、困難と闘うこと、苦労して問題を解決することなどの経験をとおして真の喜びを味あわせ、また、自分の成長をみとめ、喜びと、感謝の心をもつことができるようなけ経験を数多くさせたいと願っています。
3.家庭との協力をよくしたい
 幼稚園教育は、家庭の協力なしでは実らないものです。お互いに力をあわせて、子供たちがよい社会人として育つよう努力して、いきたいと考えています。

教育目標

1.強く がんばる
 基礎的生活習慣た態度を身につける子ども

2.明るく なかよく
 人々との関わりから自立し、お互いに協力し合える子ども

3.感謝の心 ありがとう
 自らまわりの自然や環境に関わりをもつ子ども

教育理念

 幼稚園で過ごす時期の教育は、子どもたちの基本的な人格の形成をしり上で、とても大きな影響をもつ重要なものです。また、子育ての最終目標は「自立」です。
 一人一人が主体性を持ち、人生を生き生きと歩んでいけるようにするまで「適切な援助をすること」が幼児教育の使命であると考えます。
 そのためには、幼児期は体を動かし、元気いっぱいいろいろな遊びに取り組む子どもを育てたいと考えている。
  • 挨拶をきちんとできる子どもに
 挨拶は、人の心やふれあいを大切にする人になるために、まずできなくてはならない基本的死活習慣です。
  • 自ら考え、自ら行動できる子どもに
 幼児の成長をけっていするものは、子ども自身の自発性や積極性と考えています。幼児は遊びの中で、試行錯誤することで、いろいろなことを発見し、理解し成長します。
  • 一人一人を大切に
 幼稚園は集団の環境です。しかし、どの子どもにも個性があり、長所があります。その個性を大切にし、長所を引き出すことにより、自信を持った子どもに育て成長します。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812