65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)の介護保険料

  • 保険料は、3年ごとに見直しをすることになっています。
  • 65歳以上の方の保険料については、所得段階に応じた保険料になります。
  • 低所得者の方の負担が重くならないような仕組みです。

住民税非課税世帯

所得段階対象者保険料率等年額保険料
第1段階・生活保護被保護者
・老齢福祉年金受給者
・課税年金収入額と合計年金所得額の合計が80万円以下
基準額×0.50 【0.45】
(0.30)
27,000円 【24,300円】 (16,200円)
第2段階課税年金収入額と合計所得年金額の合計が80万円超120万円以下基準額×0.60 (0.50)32,400円 (27,000円)
第3段階第1段階及び第2段階に該当しない基準額×0.75   (0.70)40,500円 (37,800円)
注:今期の計画期間中の保険料については、公費負担による低所得者保険料の軽減が予定されています。
  • 保険料率等欄及び年額保険料欄の【 】内の数値は、平成27~28年度に実施される軽減後の率及び額です。
  • ( )内の数値は平成29年度に予定されている軽減後の率及び額です。なお、軽減の財源は国1/2、道1/4、村1/4となります。

住民税課税世帯

所得段階対象者保険料率等年額保険料
第4段階本人非課税で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円以下基準額×0.9048,600円
第5段階本人非課税で、本人の課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円超基準額54,000円
第6段階本人課税で、合計所得金額が120万円未満基準額×1.2064,800円
第7段階本人課税で、合計所得金額が120万円以上190万円未満基準額×1.3070,200円
第8段階本人課税で、合計所得金額が190万円以上290万円未満基準額×1.5081,000円
第9段階本人課税で、合計所得金額が290万円以上基準額×1.7091,800円

合計所得金額とは

 収入金額から必要経費(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。
土地建物等の譲渡所得がある場合は、特別控除前の金額、繰越損失がある場合は繰越控除前の金額をいいます。

支払方法

特別徴収
<年金額が年額18万円(月額1万5千円)以上の方>
 年額18万円以上の老齢・退職年金、障害年金及び遺族年金の受給者は、原則として2か月毎に支払われる年金から自動的に保険料が天引きされます。手続きは不要です。
また、年度途中で転入された方や65歳になられたばかりの方は、しばらくの間は特別徴収にはなりません。年金からの天引きが開始されるまでは、村から送付される納付書でお支払ください。
 なお、住民税の申告等により保険料が増えた場合、増えた分の金額は年金から天引きできませんので村から送付される納付書でお支払ください。
普通徴収
 村から送付される納付書で金融機関などの窓口、出納課の窓口でお支払ください。
また便利な口座振替(自動払込)もご利用ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課 介護保険係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111