更別村住宅建設等助成金

 平成22年4月から村内の定住人口の増加と街中への居住誘導をはかり地域の活性化を目的とする「住宅建設等助成事業」が始まりました。

補助対象

 村内に建築基準法その他関係法令に適合した住宅を新築又は購入し、その住宅に住所を有し、5年以上居住する方。また、住宅購入の際に購入した用地が、平成22年4月1日以降に購入し、住宅取得から3年 を経過していないもので、購入価格が一定額を上回るものにも助成金が交付されます。ただし、住宅及び用地を3親等間内の売買で購入した場合は助成対象とはなりません。

助成内容

取得形態助成金の内容
新築又は新築建売の購入・住宅専用部分の延床面積(平米)に10,000円を乗じた額
新規移住者は延床面積(平米)あたり5,000円を加算した額
例:村内在住者が延床面積120平米の住宅を建設した場合。
120平米×1万円=120万円(おおよそ100万円(上限))
中古住宅の購入・建築後10年以内のものを購入する場合は、延床面積(平米)に5,000円を乗じた額
・建築後10年以上のものを購入する場合は、延床面積(平米)に3,000円を乗じた額(新規移住者は延床面積(平米)あたりそれぞれ3,000円を加算した額)
用地の購入住宅取得のための用地を購入した場合で、購入価格から1平方メートルあたり7,000円を減じた額を助成
例:330平方メートル(100坪)の用地を330万円(10,000円/平米、33,000円/坪)で購入した場合。
(10,000円-7,000円)×330平米=990,000円1平米あたり11,000円を限度として算出した額とする。
増築既存の住宅と外壁が連続する住宅を新たに建設するもので、延床面積が50平米以上増加するもの。増加する延床面積(平米)に5,000円を乗じた額

期間

平成22年4月1日から平成32年3月31日までの10年間。

申請手続き

着工前に交付申請をしてください

  1. 補助金等交付申請書(共通第1号様式)
  2. 経費の配分調書(共通第2号様式)
  3. 住民票
  4. 納税状況調査承諾書(別記第1号様式)
  5. 付近見取図、配置図、各階平面図、立面図、法規チェック図他
  6. 建築確認済証又は建築工事届けの写し
  7. 住宅に係る請負契約書又は売買契約書の写し
  8. 用地購入に係る売買契約書(用地取得助成を受ける場合)
  9. 5年以上居住する旨の確約書

事業が完了したら、完了報告をしてください

  1. 補助事業等実績報告書
  2. 住民票(住所地が当該住宅に居住していることを証明するもの)
  3. 土地及び建物の登記事項証明書(全部事項証明書)
  4. 建築基準法第7条第5項の規定による検査済証の写し
  5. その他村長が必要と認める書類

その他

 工事及び売買は交付決定を受けた年度内に完了させてください。
助成金の交付を受け、5年以内に転居、売買(名義変更を含む)しようとするときは、あらかじめ村長の承認が必要となります。無断又は正当な事由なく転居、売買(名義変更を含む)をした場合は、助成金を返還していただきます。

助成金に関する問合せ

更別村役場
建設水道課建築係
〒089-1595更別村字更別南1線93番地
電話番号:0155-52-5200(直通)
FAX番号:0155-52-3286
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812