村の木・村の花

村の木 柏(かしわ)

 更別村に開拓の鍬がおろされるまでは、柏樹林が多く、先人はこの柏の木を薪炭、坑木、枕木などに販売して経済の支えとしていました。
 柏の巨木は、開発とともに希少価値が高く、また無骨なたくましさが男性的で、大きく伸び行く更別村を象徴しています。

村の花 鈴蘭(すずらん)

 鈴蘭は、植物の特性から柏樹林に生息する草花で、柏と鈴蘭は対の草木です。 
 鈴蘭は、葉の下に花をもち、純白、清純で香り高く美しく咲き、女性的な花で、無限に発展する更別村を象徴しています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 総務課庶務係TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812