要介護・要支援認定について

要介護・要支援認定の状態と例

 本人の心身の状態により、7つのランクに設定されています。
ランクごとにサービスを利用できる月額の費用が決められています。自己負担はサービス費用の1割です。
 (介護保険の給付は、基本的に現金ではなく、サービスの提供です。)
  • 新規申請と区分変更申請で認定された方は原則として6か月ごと、更新申請で認定された方は原則6~12か月ごとに認定の見直しがあります。
  • 状態が著しく変化した場合には、区分変更の申請ができます。
状態区分認定の基準限度額自己負担 (1割)
要支援1基本的な日常生活はほぼ自分で行えるが、要介護状態にならないように何らかの支援が必要。49,700円4,970円
要支援2要支援1の状態より基本的な日常生活を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要。104,000円10,400円
要介護1立ち上がり・歩行等に不安定さがみられ、排泄・入浴等に部分的介助を要する。165,800円16,580円
要介護2立ち上がり・歩行等が自力ではできない場合が多く、排泄・入浴等に部分的または全介助を要する。194,800円19,480円
要介護3立ち上がり・歩行等が自力ではできず、排泄・入浴等に全面的な介助を要する。267,500円26,750円
要介護4日常生活を行う能力がかなり低下しており、全面的な介護が必要な場合が多い。尿意・便意がみられなくなる場合もある。306,000円30,600円
要介護5日常生活を行う能力が著しく低下しており、全面的な介護が必要である。意思の伝達がほとんどまたは全くできない場合が多い。358,300円35,830円
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課 介護保険係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111