更別村地域新エネルギービジョン

エネルギー問題と環境問題

  日本では化石燃料がほとんど採れないことから、国産のエネルギー比率(自給率)は4%しかありません。海外に依存しているエネルギーは輸入が途絶えるなどの不安があります。
 また、地球が長い年月をかけて蓄えてきた化石燃料などの資源には限りがあり、今のペースで使い続けると、《石油:41年 天然ガス:65年 石炭:155年 ウラン:85年》で枯渇すると予測されています。
 限りある資源を大切に使うことが必要であり、石油代替エネルギーである新エネルギー(注1)の導入は重要な役割を担っています。
 また、私たちは毎日の生活を守るためにエネルギーを安定して確保する必要があります。しかしながら、地球温暖化の大きな原因といわれる二酸化炭素(CO2)を抑えて、エネルギー問題と環境問題の両方を同時に克服していかなくてはなりません。
 そこで、エネルギー消費と二酸化炭素の発生を抑えるために省エネルギーの推進と発電時に二酸化炭素を発生しないエネルギーや発生量の少ないエネルギーを活用することが必要になります。
 新エネルギーは、そのようなエネルギーのひとつとして、エネルギー問題や環境問題の対策に有効なエネルギーです。
 新エネルギーは、日本のエネルギー政策のひとつとして掲げられており、「新エネルギー資源」の利用が推進されています。

注1:新エネルギーとは自然の力(自然エネルギー)を利用したり、今まで使われずに捨てていたエネルギー(未利用エネルギー)を使ったりする地球環境に優しいエネルギーのことです。
(太陽光発電・熱利用、風力発電、バイオマス発電・熱利用、中小規模水力発電、地熱発電、温度差熱利用、雪氷熱利用、バイオマス燃料製造の10種類)

更別村地域新エネルギービジョン

 更別村のエネルギー使用状況や存在する「新エネルギー資源」の調査を行い、将来の利用目標を定め「太陽とバイオのまち“さらべつ”」を基本方針とする「更別村地域新エネルギービジョン」を平成22年2月にNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助を受け策定しました。

更別村地域新エネルギービジョン報告書

太陽光発電・熱利用

更別小学校(太陽光発電施設)

 更別村は多日照地域に属することから無尽蔵に得ることのできる太陽光エネルギーが多く存在します。国の施策として太陽光発電は普及が強く推進されており、平成21年11月からは固定価格買い取り制度により、売電価格も上昇するなど、導入に向けた条件が整ってきています。設置に対する国の補助制度があり、更別村では独自の助成制度も設けていることから、今後はこれまで以上に積極的に普及を推進すべきエネルギーとしています。

バイオマス発電・熱利用

先進地視察研修にて撮影(バイオガスプラント)

 更別村は農業が基幹産業であり、畑作・酪農規模も大規模であることから、農業系・畜産系のバイオマスエネルギーが多く存在します。家畜ふん尿は堆肥化するなど現状では有効活用されており、費用対効果の面で十分な調査が必要になりますが、利用可能なエネルギーであることからも効果的な導入を検討し普及を図るべきエネルギーとしています。

バイオマス燃料製造

更別村スクールバス(BDF)

 バイオマス燃料製造は、農業系バイオマスエネルギーと木質系バイオマスエネルギー、BDFの3タイプについて検討しています。森林面積が少ないことや費用対効果の側面から農業系、木質系のエネルギーについては将来的な技術革新などに期待し現状では利用方法を検討するエネルギーとしています。

先進地視察研修にて撮影(BDF)

 BDFについては原料となる廃食油の量は少ないものの一般家庭から排出される廃食油の回収率を上げる取り組みを行うことで住民の環境に対する意識向上にも繋がることから、積極的に推進するエネルギーとしています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場TEL:0155-52-2111FAX:0155-52-2812