認知症になっても、安心して生活できるまちづくり宣言(案)

 村では、平成30年1月1日『認知症になりにくいまちづくり宣言』を行い、認知症予防や早期発見・早期治療に取り組んできました。しかし、認知症は誰もがなる可能性がある病気で、認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活ができるまちづくりを目指す必要があることから宣言タイトルと一部内容を修正した宣言『認知症になっても安心して生活できるまちづくり宣言』を行います。
 宣言をすることで、認知症への偏見をなくし、一方通行の支援ではなく、相互の関係性を築き上げることで認知症の人とともに生きるまちづくりを目指したいと考えています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
更別村役場 保健福祉課 包括支援係(福祉の里総合センター)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111