更別村地域包括支援センター

 地域の高齢者や障がい者の方が住み慣れた地域の中で、その人らしい生活が続けていけるように、地域の保健・医療・福祉やボランティアと協力しながら、その人に合わせたサービスや支援が切れ目なく提供できるように支援していくための機関です。
 更別村の地域包括支援センターは、更別村役場保健福祉課包括支援係に設置しています。

地域包括支援センターの主な業務

1.総合相談・支援

 在宅介護や福祉サービス等の各種相談に応じ、必要な社会支援サービスや制度が利用できるよう支援します。

2.介護予防ケアマネジメント

 要介護状態等になる可能性の高い高齢者の実態を把握し、介護予防事業を活用するなど、機能が維持できるよう支援します。
 また、要支援1、2と認定された方に対し、介護予防ケアプランの作成等支援業務を実施し、心身状況の悪化を予防します。

3.包括的・継続的マネジメント

 地域のケアマネージャーの相談窓口として、困難事例についての支援方針の検討や助言を行い、高齢者が住み慣れた地域で暮らすことができるように支援します。

4.権利擁護、虐待の早期発見・防止

高齢者に対する虐待の防止や早期発見、その他高齢者の権利擁護のために支援します。

相談日時

月曜日から金曜日 8時30分~17時15分(祝日及び年末年始は休み)

職員体制

65歳以上の高齢人口の一定割合により、以下の専門職種を配置します。

保健師

アセスメントの実施、介護予防プランの策定など、介護予防事業実施のためのマネジメントに携わります。

社会福祉士

 地域からの様々な相談を受けて、行政や保健所、医療機関など必要なサービスにつなぐ役割を担うとともに、虐待の防止など高齢者の権利擁護に努めます。

運営協議会

 地域包括支援センターの設置運営に関しては、市町村が事務局となり、地域のサービス事業者、関係団体、被保険者の代表などにより構成される「地域包括支援センター運営協議会」が関与することとなっております。

案内資料・ダウンロード

詳細につきまして、下記の資料よりご覧ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
地域包括支援センター(福祉の里総合センター内)TEL:0155-53-3000FAX:0155-53-2111